申し込み受付終了

2021/11/18(木)00:00締切

りんごの産地青森とつながって考えよう~核のゴミはどうなるの?~

開催

2021/11/26(金)10:00~12:00

会場
オンライン開催(ZOOM)
主催
脱原発ネットワーク

このイベントをシェアする

申込締切
2021/11/18(木)00:00
 

イベント情報

開催

2021/11/26(金)10:00~12:00

会場
オンライン開催(ZOOM)
主催
脱原発ネットワーク

津軽産直のりんご生産者とともに核のゴミについて学び、
皆で考えていきましょう

りんごをはじめとした農産物、海産物の宝庫、
東北は日本全体の大産地、私たちの食生活を支えていただいています。
青森県の六ヶ所核燃再処理工場が長らく本格稼働できずに、使用済み核燃料がたまり続けて、
多くの原発のプールはほぼ満杯状態です。

計画がうまくいっていないのに原発の運転を続けています。
また、稼働したら、再処理の過程で様々な核種の放射能が生まれ、環境中に日常的に放出されることになります。
(現在問題となっているトリチウムは、福島第一原発の汚染水に含まれるトリチウムの総量以上の量が大気中に、また、10倍の量が毎年、海に放出されます)

原発の問題は難しい言葉が並び、どうしたらいいのか、わからない・・、と敬遠したままでは
未来の世代に大きなツケを残します。
待ったなし、のこの危機をなんとかしたい!と、青森に住み、取り組みを続けている山田清彦さんに、膨大な問題点を整理して最新情報とともにお話しいただきます。

津軽産直のりんごの生産者とともに学び、皆で考えていきましょう。

■講師:山田清彦さん
    青森県三沢市生まれ
    核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団事務局長
    核燃から郷土を守る上十三地方住民連絡会議事務局長
    核燃を考える住民の会代表など

■日 時:11月26日(金)10:00~12:00
 ■会 場:大阪ドーンセンター セミナー室1
■講 師:山田清彦さん
■参加費:組合員/300円、組合員外/500円
■定 員:なし
■託 児:なし ※お子さんもご一緒に参加ください
■持ち物:Zoom接続出来る環境
■締切日:11月18日(木)
■主 催:脱原発ネットワーク
■イベントID: 06212605

———————————- お問い合わせ・お申し込み ———————————-
<24時間受付> FAX : 0774-74-8402        
       mail : shizenha_kyoto@shizenha.co.jp
<月~金9:00~18:00> フリーダイアル:0120-408-300
携帯電話(無料通話プランなし)0570-063-008
携帯電話(無料通話プランあり)・IPフォン 088-603-0080

▼お申込み時①~⑥をお伝えください。
①イベントID
②参加者氏名
③組合員コード
④参加人数
⑤連絡先

環境 くらし 講演会 生産者訪問 に関するイベント